ふくらはぎの痩せ方【脂肪を減らしたいならこの方法!】

ふくらはぎ痩せ方脂肪

ふくらはぎが太い原因は、大きく分けて2つあります。

 

1つ目は、筋肉質で、ふくらはぎに筋肉が多い人です。

 

筋肉が多くなることで、ふくらはぎが太くなってしまっています。

 

2つ目は、脂肪が多い人です。

 

脂肪が多い方は、身体が全体的に脂肪が多いことが多く、ふくらはぎにも、脂肪が多くついているため、太く見えてしまいます。

 

2種類のふくらはぎで、もちろん、痩せ方は違ってきます。

 

適切な痩せ方をしないと、かえってふくらはぎが太くなる原因となってしまいます。

 

そこで今回は、ふくらはぎの脂肪が多くついている方の、ふくらはぎの痩せ方をご紹介していきます!

 

ふくらはぎに脂肪が多い人の痩せ方は?

 

筋肉をつける!

 

脂肪が多い人には、圧倒的に筋肉量が少ない場合が多いです。

 

そのため、筋肉をつけ、脂肪の燃焼を促進させる必要があります。

 

筋肉をつけることによって、脂肪燃焼効果が高まり、他のダイエットをする際にも、良い影響があります。

 

ふくらはぎに筋肉をつける方法として、1番手軽にできる方法は、常につま先立ちをすることです。

 

家の中でも、外でも、常につま先立ちで歩くことで、ふくらはぎに筋肉をつけることができます。

 

外でつま先立ちはちょっと・・・と言う方は、ヒールを活用しましょう!

 

できれば、ハイヒールで歩くことで、ふくらはぎの筋肉が刺激され、筋肉を鍛えることができます。

 

普段ヒールを履かないという方は、ローヒールから挑戦してみましょう!

 

ただし、注意していただきたいのは、筋肉のつけすぎです。

 

いくら、もともとの筋肉量が少ないからと言って、筋肉をつけすぎてしまうと、筋肉によって、ふくらはぎが太くなってしまうことがあります。

 

そのため、筋肉のつけすぎには、注意しましょう。

 

足首回しで脂肪燃焼!

 

続いてのおススメの痩せ方は、足首回しです。

 

足首を回すことで、ふくらはぎの筋肉が刺激され、ほっそりとしたふくらはぎを手に入れることができます。

 

座っている状態で、片足だけあぐらをかき、足首を回したり、寝転がった状態で、足首を回したりしてみましょう。

 

つま先立ちで、ある程度筋肉がついてきた人や、つま先立ちが辛い!

 

という方におススメの痩せ方です。

 

足首回しは、いつでもどこでも、手軽に行うことができるので、おススメです。

 

ウォーキング

 

ウォーキングは、ふくらはぎに適度な筋肉をつけることができるので、おススメです。

 

しかし、ウォーキングは、天候や、道路状況などに左右されがちなので、続けるのがちょっと難しいときもありますよね。

 

しかし、筋肉のつきすぎにも要注意!ということなので、ゆる〜く行うことを考えると、できるときにする!

 

というくらいの気持ちで行っても良いのかもしれません。

 

ウォーキングをするときは、かかとから着地することを意識して歩きましょう。

 

ふくらはぎに脂肪が多い人が気を付けなきゃいけないことは?

 

ふくらはぎに脂肪が多い人は、痩せるときに、注意しなくてはいけないことがあります。

 

それは、これ以上脂肪をつけないように、食事制限を行うことです。

 

必ずしも食事制限を行う必要はありませんが、食事制限を行って、身体全体の体脂肪率を下げることも、ふくらはぎを細くする近道になります。

 

早く痩せたい!という方は、食事制限を取り入れてみましょう。

 

以上、脂肪が多い方向けのふくらはぎの痩せ方についてでした!

 

ぜひお試しくださいね。